メガネのネット通販ってどうやるの?

メガネブランド「JINS」の製造元であるジェイアイエヌがメガネのネット通販をはじめるとのこと。

どうやるのだ?

だって検眼が必要でしょ。
フィッティングも必要でしょ。

今や禁止になっている(これはいつか解禁されるべきと思うけど)薬のネット通販よりも敷居が高いのではないかしら。

で、考えたやり方が、すでに持っているメガネの度数を入力するというもの。
これは眼鏡店の保証書や眼科医の処方箋に書いてあるのだとか。
(もらったことないけど...(>_<))

他には、今、使用中のメガネを送る。
すると、そこから度数を計測して作れるのだと。

フィッティングは?

実はジェイアイエヌさん、全国に68店舗の実店舗がある。
こちらで対応...というもの。

なるほど。
検眼に関しては、やっぱり「実店舗の資産」を流用。
フィッティングも、最終的には「実店舗での対応」を担保にしている、ということ。

他のどこのメガネメーカーでもできる方法ではないかもしれないけれど、まあ、参考にはなるかも。

最新更新履歴

当サイトの更新情報はRSSフィードでも配信しています。

▲面と線- marketing for kami? or web?トップに戻る