JAL=日航がどうなるのか、実にダッチロールな毎日。

日航年金減額、OBの同意3分の2超
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100112-00000572-san-bus_all

というニュースによれば、やっとOBの年金減額の同意が3分の1を超えたそうな。
「上場廃止」とかいう事態になって、「ただ事ではない」と思ったのでしょうか。

しかし、いつも思うのですが、「どうしてこうなるまで、みんな放っておいた」のでしょう?

「誰かがきっとなんとかしてくれる」
「自分が退職してしまえば、もう関係ない」
「国がつぶすわけない」

どの台詞も、外部から言わせれば「ヘン」であります

で、まだJALそのものがどう「身を転がす」のか不透明な時ではありますが、ちょっと心配なのがJALUXに勤めている元同僚です。
彼とは、某通販会社&通販商材輸入会社で同僚だったのですが、私がそこを辞めてフリーになった後、やはりそこを辞めてJALUXに転職していました。
会社の規模はぜんぜん大きいですし、親会社はなんたって「親方日の丸」が後ろについたJALであります。

久しぶりに会ったときには、

「よかったね~」

と、声をかけたものです。

その当時、JALがこうなるとは思ってませんでしたね。

JALUXでも前職を活かし、やはり通販カタログの制作にあたっていたはず。
今頃、たいへんなのだろうな。

JAL=日航がどうなるのか、実にダッチロールな毎日。の関連記事

▲JAL=日航がどうなるのか、実にダッチロールな毎日。トップに戻る