紙媒体からインターネット媒体へ…このパラダイムシフトを検証する。

「紙のお仕事」が減っている(>_<)

わたしは長いこと、通信販売の広告を作ってきました。 ニッセン、ベルーナ、夢みつけ隊、アイ・イー・アイ、セゾンダイレクト、二光...さまざまな会社の広告を手がけてきました。 そして、それはカタログであったり折り込みチラシだったりダイレクトメールだったり、あるいは新聞や雑誌のページ広告だったりです。...詳しくはコチラ

紙媒体の凋落、その兆候は?

横浜・関内にある通販会社がありました。 その社長さんと最後に話をしたのは2003年のこと。 その通販会社はもともと新聞通販で利益を上げながらリストを集め、そこにダイレクトメールやカタログを送って収穫するというビジネスモデルでした。...詳しくはコチラ

アマゾンが通販のナンバー1になるなんて...

通販新聞という業界紙があります。 毎年、「通販・通教売上高ランキング」というのが発表されます。 2010年1月7日号、「通販・通教売上高ランキング」を見ると、その1位は「アマゾンジャパン」。 そうです、「ネット通販専業の本屋さん」であるところのアマゾンさんです。...詳しくはコチラ

▲紙からネット-paradigm shiftトップに戻る