カタログや新聞、雑誌など紙媒体での通販、テレビ通販などについてのトピックやコラム。

昔はネットの情報のほうが遅かった...

先日、あるカタログ通販会社の商品オリエンに行ってきました。 以前は、そういう場所が情報の最先端でした。 具体的に言うと、新商品の情報とか、 新デザイン、新機能、そういった情報は ネットよりも早くそこで知ることができたのです。 私たちが作った広告がマネされて 後で、ネットに載ることも一再ではありませんでした。 まあ、今は、まったくその逆です。 オリエンで不明な詳細情報も ネットで調べると出てきたりし...詳しくはコチラ

不況でも売れてる通販商品

業界紙ネタですが... 「不況でも売れる通販各社のヒット商品」という特集がありました。 まず、【家で過ごす時間を充実させる】という切り口で挙げられていたのは ・内転筋エクササイズ(ディノス) ・お洒落な割烹着(ディノス) ・米粉の気持ち(千趣会) ・マカロン座椅子(ベルーナ) このマカロン座椅子ってかわいいですね♪ で、「内転勤エクササイザー」を「家で...」訴求にもってくるのはつらくないかな? ...詳しくはコチラ

会社が傾く理由は...

昨日は、上場している通販会社の元取締役の人と飲みました。 今では、別な会社を興してますが、その上場通販会社、ちょっと前に物議をかもしてたんですね。 どんな物議かというと、「上場廃止になるか」、とか、「だいたい大丈夫なのか」といった物議です。 そのへんの事情、昨日、聞けたのですが、その会社が傾いた理由、ちょっと想定外でした。...詳しくはコチラ

「商品だけで番組はなりたたない」...ジュピターショップチャンネル社長さんです。

やはり業界紙の年頭号で、ジュピターショップチャンネルの篠原淳史社長のインタビューが載っていました。 ジュピターショップチャンネルといえばテレビ通販。 通販売上げランキングでも7位につける「大手」ですね。 ええ、わたしが関わった商品も販売していただいています。 で、テレビ通販は、わたし、あんまり専門分野ではないのですが、昨今、伸びている理由はいくつか挙げることができます。...詳しくはコチラ

ジャパネットたかた 高田明社長-業界紙掲載年頭インタビューより

民主党になってから始まったわけでなく、ずっと以前からつづいているデフレ。 その中で、「デフレと反対の商品政策」があたったと語るのが高田社長さん。 テレビ通販というと、つい、 「今なら●●もついて、さらに●●もプレゼント!」 とか、「価格訴求」がメインなイメージがありますが......詳しくはコチラ

通販でも苦戦する百貨店

一時は「流通の華」であった百貨店。 その百貨店の通信販売も、かつて「鼻息の荒い」時代がありました。 「新聞折り込みの1コマ1回で数千万円売れるオリジナルジュエリー」 とか、そんな伝説的ヒット商品もたくさん。...詳しくはコチラ

▲通信販売(全般)業界ネタトップに戻る